さいたま市で薬剤師がパートの求人を探すときに知っておきたい実態

さいたま市は東京のベッドタウンとして発展を続け、さらに合併によって政令指定都市にまでなりました。その影響で住宅街が広がっていてファミリー層がたくさん住んでいる地域になっています。主婦をしていてパートで働きたいという人も多い地域ですが、薬剤師として働くには魅力的な地域なのでしょうか。

その実態を紹介するので参考にして下さい。

パートの募集はさいたま市では多い

さいたま市ではまず薬剤師のパートの求人がたくさんあるのかどうかが気になる人も多いでしょう。数がないと比較して決めることができず、実は一般的な求人に比べるとかなり条件が悪いのではないかという心配が生まれてしまいやすいからです。

薬剤師のパートの求人はさいたま市にはかなり多くなっていて、周辺地域に比べてもかなりの差があります。この理由の一つは都市化が進められていく中で医療整備も並行して行われてきたため、さいたま市内には各所に病院もクリニックもたくさんあるからです。

門前薬局が何軒もある病院も多いため、薬剤師の需要がかなり高くなっています。現場ではパートの薬剤師が戦力として活躍していることがほとんどです。二つ目の理由としてドラッグストアの進出が著しく進められていることも挙げられます。

街中に気軽にショッピングに来てもらえるようにする目的で何店舗も用意しているチェーン店型のドラッグストアがたくさんあります。また、ショッピングセンターが多い影響で、そのテナントとして営業しているドラッグストアも多いのです。

利用者の便宜を図るために調剤に対応していることが多く、在宅にも対応している場合があります。そのため、一人や二人ではなくかなりの人数の薬剤師を雇用している現場が多いのです。

この現場でも正社員とパートが一緒に働いているケースが多くなっています。

北海道森町で転職したい薬剤師が求人について押さえておきたいポイント

パートの時給相場を把握しよう

薬剤師がさいたま市でパートで働くとどのくらいの時給になるのが相場なのでしょうか。一般的に調剤薬局やドラッグストアでは数年に一度の頻度で時給が上がる仕組みになっていて、入社当時はやや低めの水準になっています。

病院などでも同様の傾向がありますが、さいたま市ではあまり病院からのパートの募集はありません。ここでは主要な調剤薬局とドラッグストアにおける時給相場を確認しておきましょう。調剤薬局での時給相場はさいたま市では2000円から2500円です。

未経験の人の場合にも2000円の時給で対応している調剤薬局がほとんどで、経験があってブランクもないという場合には2500円くらいでスタートするのが一般的になっています。ドラッグストアではやや高めの時給になっていて、相場としては2300円から2800円です。

調剤経験があると高い評価を受けられて2500円以上の時給で働ける場合が多く、調剤経験さえあればドラッグストアでの勤務経験がなくても評価は高めになります。

また、管理薬剤師の経験がある人も高い時給で採用されることが多くなっていて、3000円近くになっている場合もあります。

パートの勤務条件の傾向をつかもう

パートで働きたいと考えている薬剤師の多くは、フルタイムで働くのは難しいというのを悩みとして抱えています。パートとはいえフルタイムに近い条件で働かされるのではないかと懸念している人のために、さいたま市ではパートの勤務条件はどのようになっているのかを紹介します。

さいたま市では潜在薬剤師が多いことを受けて、勤務条件をできる限り緩和した求人を出している職場が目立ちます。確かにフルタイムに近くて週5日の勤務を求めるものや、一日6時間以上、週20時間以上といった条件を課しているものもないわけではありません。

しかし、一般的なのは週3日、1日3時間以上というシステムです。調剤薬局でもドラッグストアでも同じような傾向があり、少ない場合には週2日、多い場合でも週4日になっています。ただ、気を付けておきたいのがシフト制なので勤務時間や勤務日が安定しない可能性が高いことです。

どのくらいシフトの入れ方に自由があるかは職場によって異なります。その実態を個々に確認してから入社を決めるようにしましょう。パートの勤務条件でもう一つ気を付けておきたいのが職場による違いです。調剤薬局の場合には朝から夕方18時くらいまでの勤務で、土曜日は昼過ぎの13時くらいまで、日曜祝日は休みというのが一般的になっています。

この時間枠内でシフトを入れることになるので夜や土曜の午後に働かなければならないことはありません。しかし、ドラッグストアはほとんどが夜遅くまで営業していて、土日も休むことがありません。そのため、勤務時間として夜を選んだり、勤務日を土日祝日にしたりすることができます。

どちらが良いかは生活スタイルによって違うので希望をよく考えて職場を選ぶのが大切です。

ブランクがある人がパートを始めるコツ

ブランクがある薬剤師がパートを始めるときには本当に戦力になれるのかが心配になりがちです。さいたま市で求人を探すときにはブランクがある不安をなくせるような職場を選ぶようにしましょう。特に大手の調剤薬局やドラッグストアでは教育制度を整えていて、現場に立つ前に研修を実施してくれることがあります。

小さい職場ではこのような対応がなくてOJTで学ぶ必要が生じ、ブランクがあると不安になってしまいがちです。求人を参照してパートでも研修を受けてから現場で働き始められる調剤薬局やドラッグストアを探し出すのがコツです。

アクセスのしやすさなども考慮しよう

さいたま市ではかなりの数の職場があるのでアクセスのしやすさも考慮しましょう。さいたま市では公共交通網が発達しているとはいえ、通うのに時間がかかってしまうと働ける時間も短くなります。パートで働く理由は時間があまりないからという場合が多いので、できるだけ近くの職場をまずは探してみましょう。

住宅街であれば徒歩圏内に候補を見つけられることもよくあります。車通勤ができる職場も多いことから、時間のロスをなくすために車でアクセスしやすい職場を選ぶのも賢い方法です。

候補が豊富なさいたま市でパートを始めよう

さいたま市には薬剤師のパートの求人が豊富にあるので十分に比較してより良い条件が揃っているところを選びましょう。時給の水準や勤務条件の傾向は職場の種類や運営している会社や法人の規模によってかなり違いがあります。

教育制度の有無やアクセスの良さなども考慮して働きやすい環境が整っている職場を選び出すのが大切です。

参考資料⇒薬剤師求人情報:APOPLUS 薬剤師https://www.apo-mjob.com/